みんなの本屋さん

湘南電書鼎談vol.1

対応機器:iPhone/iPad(アプリ内アドオンとしてダウンロード)
著者:湘南電書 定価170円 販売元・株式会社ラクティブ
ダウンロード:みんなの本屋さん(無料のブックストアアプリです。インストール後試し読み・購入ができます)

「湘南電書鼎談vol.1」は電書(電子書籍)と本のこれまでとこれからについて、3人の印刷屋さんと1人のライターが2時間にわたって語り倒した2011年5月の記録+おまけコラムで構成される電書です。メンバーは今井孝治さん、勝田俊弘さん、古田アダム有さんとカナカナ書房・古田靖。この年、日本を襲った大震災についての話から始まり、電書のメリットとデメリット、「日本語」「組版」という問題についてなど、広く、熱く、語ったこの鼎談は、その後、一部のマニアからそれなりに注目されるSTREAM定番番組になりました。iPhone/iPadの無料アプリ「みんなの本屋さん」をインストール後、このアプリ内で購入することができます。試し読みもOKですよ。

湘南電書公式サイト→http://shonandensho.posterous.com/

Posted: 2011年9月22日

タウンライツ HIVを巡るぼくらのストーリー

対応機器:iPhone/iPad(アプリ内アドオンとしてダウンロード)
著者:藤丸心太 定価170円 販売元・株式会社ラクティブ
ダウンロード:みんなの本屋さん(無料のブックストアアプリです。インストール後試し読み・購入ができます)

「タウンライツ HIVを巡るぼくらのストーリー」(藤丸心太著・藤本晃司挿絵)は、HIVをテーマにした短編小説集。新宿2丁目にあるコミュニティセンターaktaが発行するマンスリーペーパーで連載されている小説を収録したものです。HIVウイルスを身近に感じながら生きていく生活が静かに丁寧に描かれています。iPhone/iPadの無料アプリ「みんなの本屋さん」をインストール後、このアプリ内で購入することができます。試し読みもOKですよ。

●藤丸心太(ふじまるじんた twitterアカウント@fujimarujinta
ライター。熊本生まれ。東京在住。著作はB級グルメ本、「あきれたグルメガイド バカ辛伝説 首都圏版」など。まんが評論や、ゲイ関係、HIVについて執筆中。
●藤本晃司(ふじもと こうじ twitterアカウント@fujimoto_koji
グラフィックデザイナー・イラストレーター。1981年熊本県生まれ。東京在住。ユニグラフィック、Hd LABを経て、2009年に独立。ファッション誌を中心に、カタログやパンフレットや書籍のエディトリアルデザインやイラストを中心に活動。公式サイト http://li-lux.com/

Posted: 2011年9月20日

短編小説集「タウンライツ HIVを巡るぼくらのストーリー」発売開始!

カナカナ書房の新刊「タウンライツ HIVを巡るぼくらのストーリー」(藤丸心太著・藤本晃司挿絵)が発売されました。HIVをテーマにした短編小説集で、新宿2丁目にあるコミュニティセンターaktaが発行するマンスリーペーパーに連載されている小説を収録したものです。

ご興味のある方は、iPhone/iPadの無料アプリ「みんなの本屋さん」をインストール後、このアプリ内で購入してください。試し読みもできますよ。

カナカナ書房のiPhone/iPad向けブックアプリは、今後しばらくはこのアプリ内で販売するつもりなので、よろしかったら、ぜひ、この機会にインストールしてみてください。「第一回湘南電書鼎談」も近日中にこちらにアップされる予定です。

●藤丸心太(ふじまるじんた twitterアカウント@fujimarujinta)
ライター。熊本うまれ。東京在住。著作はB級グルメ本、「あきれたグルメガイド バカ辛伝説 首都圏版」など。まんが評論や、ゲイ関係、HIVについて執筆中。
●藤本晃司(ふじもと こうじ twitterアカウント@fujimoto_koji)
グラフィックデザイナー・イラストレーター。1981年熊本県生まれ。東京在住。ユニグラフィック、Hd LABを経て、2009年に独立。ファッション誌を中心に、カタログやパンフレットや書籍のエディトリアルデザインやイラストを中心に活動。http://li-lux.com/

Posted: 2011年9月20日

ページの先頭に戻る